くすみをなくしてスッピン美人!あなたは大丈夫?

鼻のくすみ解消 小鼻のくすみに悩む方は多いです。

小鼻が汗がたまりやすく、またダメージをうけやすいところでくすみが出やすい場所です。

鼻のくすみ原因日焼けが鼻のくすみの原因になります。

鼻の日焼け止めは汗ですぐに落ちてしまいます。

そのため鼻が日焼けをしてしまい、くすみがちになります。

また、肌へのダメージもくすみの原因の1つです。小鼻は、たまった汗をを何度も拭き取られることで、摩擦によるダメージを受けます。

鼻のうぶ毛をカミソリで処理をする場合に、肌を傷つけてしまいがちです。

このように、鼻は日焼けや摩擦によるダメージを受けやすいところです。きちんとスキンケアをしてあげることが必要です。

鼻のスキンケアは、洗顔・保湿をすることでくすみは改善できます。

もちろん、過度なケアは逆に負担になってしまうので注意しましょう

。 特に鼻パックのしすぎは肌にダメージをあたえてしまいます。

鼻は顔の中心なので、鼻のくすみがなくなれば、顔全体の印象がかなり明るくなります。

鼻にダメージを与えないように、優しくケアをしてあげることでくすみを解消していきましょう。

まぶたのくすみ解消

まぶたは皮膚が薄く、小さな刺激でもダメージをうけやすく、すぐにくすんでしまう場所です。

まぶたがくすんでいると、疲れた印象や、目つきが悪い印象を与えてしまいます。

どうすればまぶたのくすみは解消できるのでしょうか?

大事なのは「メイクをしっかり落とすこと」「ダメージを与えないこと」です。アイシャドウなどのアイメイクがのこっていると、色素沈着をおこしくすみの原因となります。メイクをきちんと落とそうと、ゴシゴシ洗うのはよくありません。

成分が強いメイク落としも避けましょう。

まぶたは皮膚が薄く敏感なため、このような刺激が逆にくすみの原因となります。

アイシャドウを選ぶ際は、なるべく落ちがよく、色が濃くないものを選ぶようにしましょう。

リキッドタイプは皮膚に入り込み、色素沈着が起こりやすくなってしまうので、パウダータイプのアイシャドウがおすすめです。メイクを落としたあとは、きちんと保湿をしましょう。

化粧水をつけるときはまぶたにも忘れずになじませてあげましょう。

まぶたや目元専用の美容液なども販売されているので、それを使うのもいいですね。美容液を選ぶ際は、なるべく優しい成分のものにしましょう。

刺激が強いものは逆にまぶたに刺激を与えてしまうので避けた方がいいです

。 また、まぶたをマッサージしてあげることもくすみ対策には大切です。

まぶたはまばたきで常に動かしている場所なのでとても疲れやすいです。優しくマッサージをして、血行をよくしてあげましょう。