鼻のくすみ解消 小鼻のくすみに悩む方は多いです。

小鼻が汗がたまりやすく、またダメージをうけやすいところでくすみが出やすい場所です。

鼻のくすみ原因日焼けが鼻のくすみの原因になります。

鼻の日焼け止めは汗ですぐに落ちてしまいます。

そのため鼻が日焼けをしてしまい、くすみがちになります。

また、肌へのダメージもくすみの原因の1つです。小鼻は、たまった汗をを何度も拭き取られることで、摩擦によるダメージを受けます。

鼻のうぶ毛をカミソリで処理をする場合に、肌を傷つけてしまいがちです。

このように、鼻は日焼けや摩擦によるダメージを受けやすいところです。きちんとスキンケアをしてあげることが必要です。

鼻のスキンケアは、洗顔・保湿をすることでくすみは改善できます。

もちろん、過度なケアは逆に負担になってしまうので注意しましょう

。 特に鼻パックのしすぎは肌にダメージをあたえてしまいます。

鼻は顔の中心なので、鼻のくすみがなくなれば、顔全体の印象がかなり明るくなります。

鼻にダメージを与えないように、優しくケアをしてあげることでくすみを解消していきましょう。

まぶたのくすみ解消

まぶたは皮膚が薄く、小さな刺激でもダメージをうけやすく、すぐにくすんでしまう場所です。

まぶたがくすんでいると、疲れた印象や、目つきが悪い印象を与えてしまいます。

どうすればまぶたのくすみは解消できるのでしょうか?

大事なのは「メイクをしっかり落とすこと」「ダメージを与えないこと」です。アイシャドウなどのアイメイクがのこっていると、色素沈着をおこしくすみの原因となります。メイクをきちんと落とそうと、ゴシゴシ洗うのはよくありません。

成分が強いメイク落としも避けましょう。

まぶたは皮膚が薄く敏感なため、このような刺激が逆にくすみの原因となります。

アイシャドウを選ぶ際は、なるべく落ちがよく、色が濃くないものを選ぶようにしましょう。

リキッドタイプは皮膚に入り込み、色素沈着が起こりやすくなってしまうので、パウダータイプのアイシャドウがおすすめです。メイクを落としたあとは、きちんと保湿をしましょう。

化粧水をつけるときはまぶたにも忘れずになじませてあげましょう。

まぶたや目元専用の美容液なども販売されているので、それを使うのもいいですね。美容液を選ぶ際は、なるべく優しい成分のものにしましょう。

刺激が強いものは逆にまぶたに刺激を与えてしまうので避けた方がいいです

。 また、まぶたをマッサージしてあげることもくすみ対策には大切です。

まぶたはまばたきで常に動かしている場所なのでとても疲れやすいです。優しくマッサージをして、血行をよくしてあげましょう。

エステの情報をお届け!

私が住んでいる地域には、エステの数が大変多く、どこにするか迷ってしまいます。

ある程度都会に近い場所ですので、大手の会社もたくさん入っていますし個人で経営をしているいうなところまであります。

フリーペーパーにも様々なお店が広告を出していて、痩身や脱毛、美顔など通いたくなってしまうものばかりです。

しかし本当に効果を実感できスタッフの感じも良いお店に行きたいと思ってもいるので、まずは口コミを調べてからいつも行くようにしています。

インターネットで調べてみても、実際に利用した事のある人の意見を調べる事ができますし、より詳しい感想なども見る事ができたので分かりやすかったです。

私の友達には美意識が高い友達も多いので、実際に何店舗か様々なお店に通っている友達もいます。

その子がより良いと感じて通っているエステも参考にしたかったので、一緒に遊んだ時に口コミを聞くようにしました。

その中から気になったお店があったので、実際にも行ってみました。

何も調べないで行くよりも、雰囲気を事前に分かっているので行ってからも抵抗や緊張を感じずに施術を行ってもらう事ができました。

友達のオススメのお店はその子の紹介で行ったのですが、自分だけで行くよりも紹介料金になり安く施術を受ける事ができたのです。

実際には痩身と脱毛に通ったのですが、どちらも効果を実感でき脱毛に関してはもうほとんど毛がなく綺麗な肌になりました。

様々なところから口コミを見て、選ぶ材料の一つにすると良いのではないでしょうか。

脱毛後の肌は施術

脱毛後の肌は施術により少なからずダメージを受けているので、お手入れをする必要があります。

エステサロンでは施術後に保湿ローションなどを塗って保湿ケアをしてくれます。

その保湿ケアを自宅でも続けて行う必要があります。

脱毛は強い光を照射して毛根にダメージを与えていくので、肌が乾燥します。

保湿ケアをすることで肌を潤わせることができ、乾燥状態を改善することができるのです。

また脱毛後の肌へ負担を与えるものとして紫外線があります。

脱毛後の肌は非常にデリケートになっているので、紫外線が当たらないように肌を守る必要があります。

どうしても肌が露出している場合は、日焼け止めクリームを塗り、長袖などを着て肌に紫外線が当たらないようにしておく必要があります。

光脱毛は黒いメラニンに集中してダメージを与えることができるので、肌に直接ダメージを与えることはありません。

また最近の脱毛器は進化しているので、以前ほど肌への負担が大きくないことが特徴です。

しかし敏感になっている肌には保湿ケアをしてバリア機能を正常に働かせ、肌にダメージを与える紫外線から肌を守るということが大切です。

保湿ケアしておくことで肌への負担を軽減できるだけでなく、脱毛効果を高めることができるので欠かすことができません。

くすみ解消パック!

くすみ解消パック くすみ解消の手段として、パックは非常に有効です。

くすみはシミとは違い、皮膚の表面に問題があります。そのため、パックなどの効果が直に届くのです。

パックには色々種類があります。特におすすめしたいのが「ヨーグルトパック」です。ヨーグルトは美肌効果で有名ですよね。

専門店や薬局などでも、ヨーグルト成分入りのパックが多く扱われています。

市販の普段食べているヨーグルトを使っても十分に効果は得られます。

無糖のヨーグルトを顔全体にのばし、5分~10分置き、洗い流します。

とてもシンプルな方法ですが、これだけで肌の色が明るくなるのを実感できます。 ヨーグルトパックは、くすみだけでなくシワやシミなどにも効果的です。美白効果があるものを選択すると、さらに効果が実感できます。

あとコットンパックもおすすめです。

普段使っている化粧水をコットンにたっぷりつけ、5~10分パックします。

これは毎日行っても大丈夫です。肌のうるおいが増していくのが実感できると思います。

このとき、化粧水は安いものでもいいのでなるべくたくさん使うようにしましょう。

これらのパックはすぐにくすみがなくなるというものではありません。

しかしくすみを根本から解決するのに効果的な方法ですので、普段のケアに是非取り入れてみてください。

化粧下地でくすみカバー

くすみが改善されるのには時間がかかります。

それませはメイクでカバーしていくことも大切です。

下地選びは、くすみカバーのために非常に重要です。ファンデーションだけではくすみをカバーすることはできません。

下地を効果的につかっていくことで、肌の印象を明るくしましょう。 あなたは普段どのように下地を選んでいますか?下

地は、使用目的やもともとの肌の色によってどのカラーが合うのかが変わってきます。

赤っぽい肌色の人であれば、グリーン系のカラーがくすみを綺麗にカバーしてくれます。ノーマルな肌色の人は、普通の肌色やオレンジ系のものがくすみカバーに適しています。 肌が白っぽい人は、赤っぽい色やピンク系を選ぶようにしましょう。

きちんと自分の肌色にあった下地をつけることで、ファンデーションの色もきれいにでるはずです。

下地をつける前には必ず化粧水をつけましょう

。このとき、顔を手で覆い、掌と顔の両方を温めるようにしましょう。

こうすることで下地ののびがよくなります。

また、下地をつけるときは、両方の手でバランスよく伸ばすことが大切です。顔に点々とおいていくのではなく、片方の手の指先にとったらもう片方の指先にも伸ばし、それをつけていくように心がけましょう。

下地は色々な種類があるので、サンプルなどを使い自分にあったものをみつけるのがいいですね。

韓国女性とBBクリームについて!

韓国女性のような綺麗な女性になりたい!

ナチュラルにメイクするのが良いのかどうなのか気になる情報チェック!

韓国女性は、よりナチュラルに見えるメイクを好む事から、BBクリームも通常のリキッドファンデーションに比べて、付け心地が軽いのが特徴です。

また韓国女性はお肌がとてもキレイです。

それもそのはず、彼女達はスキンケアには人一倍気を使っているのです。

そんな韓国女性達に愛されるBBクリームですから、肌にいい成分が配合されてる商品が多いのです。

通常のファンデーションは、肌をキレイに見せても、キレイにする事はできません。

BBクリームは、肌をキレイに見せながら、肌をキレイにしてくれるのです。 時短以外に、肌にもいい成分が配合されたBBクリームは、まさに女性の味方と言えるコスメなのです。

そんなBBクリームですが、選ぶ際に気をつけたいポイントがあります。

それがカバー力です。 先にも書いたように、自然に肌を見せれる事が特徴なので、普通のファンデーションと比べて、カバー力が弱い商品が多いのです。

カバー力を求める人は、BBクリームを選ぶ際に、よく見比べて選ぶ必要があります。

ほとんどの場合、シミやニキビを完全に消す事ができないので、バッチリメイクが必要な場所には、向いていないかもしれません。

そのような特徴を考えて、普通のリキッドファンデーションと併用する事が、BBクリームを上手に利用するコツと言えます。

BBクリームとファンデーションの違い 自分は混合肌らしく、口の周りはカサカサしているのにおでこやあごの辺りは脂っぽい肌質をしていてニキビが出来やすいと言う非常に厄介な肌質のようです。

あまり肌のコンディションが良くない日は、誰でもファンデーションを塗りたくないなあと思うことでしょう。 でも、仕事があったり、人と会う予定がある場合にはそのようなことは言っていられないのが現実です。

カサカサの部分にファンデーションを塗るとガサガサと毛羽立ったような汚い仕上がりになってしまいますし、肌に小さなヒビのような傷があるとファンデーションがしみて痛かったりします。

また、脂っぽい場所にファンデーションを塗ると、あとでニキビが悪化することがあるので困りものです。 そのようなときには、ファンデーションの代わりにBBクリームを塗ることが望ましいように思います。

BBクリームは、普通のファンデーションに比べて薄付きなので、肌にかかる負担が少ないと言われています。

また、肌に良い影響を与える美容液成分が配合されているため、BBクリームを塗ることによって、肌の状態を整える効果が期待出来ます。

そして、日焼け止めの効果もあるので外出先での紫外線を防いでくれます。

肌の状態が不安定だけど、なるべく負担を少なくしてメイクをしたい場合には、BBクリームを使うことが有効だと考えられます。

BBクリームってなに?

あなたは「BBクリーム」をご存知でしょうか?

美容に関心の高い方は雑誌やインターネットなどメディアなどで見かけたことがある方も多いかと思います。

「BBクリーム」とは、Blemish(傷)Balm(香油)という言葉の頭文字を取って付けられた美容クリームのことを指します。

ただし、ただの美容クリームとは異なり、その名の通り肌に不足している潤いを補充したり、カサつきや紫外線などから肌を守るといった1本で多くの効果を発揮する美容クリームなのです。

以下では、そんな万能化粧品「BBクリーム」の中でも特にオススメな商品をご紹介します。

BBクリーム ランキング http://bbクリーム人気ランキング.com/ ・紫紺乃米 フィット&カバーBBクリーム 数ある「BBクリーム」の中でも常に口コミや販売ランキングの上位に登場する「紫紺乃米 フィット&カバーBBクリーム」。この商品の特徴は高い保湿力と肌色に近いナチュラルな色にあります。

そのため、使用している肌の美しさをより引き立たせることが可能となっています。

・桜花媛ナチュラルBBクリーム 「桜花媛ナチュラルBBクリーム」は、敏感肌の多い日本女性のために作られたお肌に優しい「BBクリーム」です。

その理由は、クリームの中に多くの植物由来成分を配合していることに加え、肌にダメージを与えやすい合成香料などを含んいでいないため。

肌が弱くてあまり化粧品を使えなかったという方は、是非こちらの「桜花媛ナチュラルBBクリーム」を試してみてはいかがでしょうか。

BBクリームを使ってみての感想 私は、あまりメイクが好きではありません。

すべてのメイクが嫌いというわけではなくて、化粧下地やファンデーションなどを塗ったときの 肌を圧迫する感じがどうも嫌なのです。

今までは、主に化粧下地+パウダーファンデーションという組み合わせがほとんどでした。

一時期、艶のある肌にあこがれて、リキッドファンデーションに挑戦したこともありますが、 肌への圧迫感だけでなく、肌荒れがひどくなったので、すぐにやめてしまいました。 そんな私が最近使い始めたのが、BBクリームです。

BBクリームは、もともと韓国でブームになったので、日本の店頭においてあるものも韓国製がたくさん並んでいますが、 私が選んだのは、日本製のものです。 韓国製のものは、日本人の肌色に合わないと聞いた事があったので…。

使用してみての感想ですが、まず肌荒れが一切ありません。

付け心地も、今までのような肌を圧迫する感じはなく、見た目もいかにも「ファンデーション塗ってます」といった感じではなく、自然の肌に近い感じです。

私の場合は、BBクリームの上にブレストパウダーをかるく乗せていますが、それだけで毛穴もカバーしてくれます。

日中は、少しテカリが気になりましたが、ティッシュで軽く抑えるだけで元のさらさらな肌に戻りました。

これなら化粧直しも楽だと思います。 保湿力もあるようだし、肌がカサカサになることもありません。

マルチなBBクリーム

今まで、パウダーファンデーションを使ってきました。 リキッドやクリーム状のファンデーションは、毛穴が目立ったりしわのところに、ファンデーションが埋まったりしてよれるので嫌いでした。

でも、ある時、一年中OKのファンデーションを冬に使って、保湿が足りなかったのか乾燥から肌があれました。

調べて見るとパウダーファンデーションが一番乾燥すると聞きました。 そんな時に、ちょうど韓国旅行に行くことが決まって、向こうで何を買うかリサーチしていました。

すると、韓国にはBBクリームというものがあって、もともと、ピーリングを受けた肌に紫外線予防とファンデーションがわりに塗る皮膚科医が開発した肌にやさしいファンデーションがあることを知りました。

BBクリームの中には、保湿クリーム、化粧下地、日焼け止めが一気に入っているので、楽ちんでもあるとのことでした。

値段も、お手頃なお値段のものもあって、安いです。 店頭で色を見て見ると、ちょっと濃いような感じもしましたが、少量を取って薄く延ばして時間を置くと肌になじみました。

韓国旅行ではみんながBBクリーム目当てなのか大量買いされていました。

私は初日に買ったので大丈夫でしたが、2日目にの免税店では、あるメーカーのBBクリームは売り切れてました。 BBクリームの特徴について BBクリームは韓国発症のコスメです。